TOPICS
 

  •  当院では口腔内全体の健康を考えることにより、全身の健康を考えるを軸に歯牙
  •  検査、歯周組織検査、レントゲン検査、口腔内写真撮影などを行い、患者さんとコ
  •  ミュニケーションをとりながら、より良い総合的な臨床を提供できます。
  •  患者さんの来院に伴って生じる口腔内の全ての歯科治療、むし歯の治療、抜歯、
  •  欠損した部位の補綴物の製作・装着などを総称して一般歯科といっておりますが、
  •  専門分野に多く分かれ、一つ一つが深く研究・探求されております。またそれに伴
  •  っていろいろな機器が開発され、それらを充分に利用して効果を上げ、咀嚼機能
  •  の回復による健康維持につながることが最大の目的と考えています。
 
  • 予防歯科こそ歯科治療に必要であると考えます。虫歯で歯を失う、歯周病で歯を失
  • う、それは虫歯や歯周病は痛くなってからでは遅いからです。どれ程よい治療を施
  • すよりも、虫歯や歯周病によって大切な歯を削ることがないほうが良いのです。 歯
  • を失わずにいつまでもお口の健康を保つためには「早期発見・早期治療」が何より
  • 重要です。
  • 予防歯科では、一生自分の歯で噛んでいただくために、痛みなどの自覚症状がな
  • くても定期的にプロによるチェックとクリーニングを受けることにより、虫歯や歯周病
  • を予防・早期発見します。そして病気が見つかった場合でも、最小限の治療と少な
  • い負担で済むように治療を行っていきます。
  • 日々のブラッシングで落とせない汚れは歯医者にお任せ下さい。80歳まで20本の
  • 歯を残そうという運動がありますが、予防歯科によって目指すことが出来るのでは
  • ないかと思います。またフッ素塗布も行っております。虫歯菌の出す酸に対して強
  • く、丈夫になります。興味のある方はご相談下さい。
 
  • 「子供の歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のままほおっておいても大丈夫」
  • なんて思っていませんか?
  • 子供の虫歯は、子供の将来の生活に大きく影響します。乳歯が健全か、正しく治
  • 療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育
  • にまで大きく関係しています。乳歯は痛みだしたり腫れたりすると、治療しても経過
  • が悪いのが現実です。
  • 乳歯はどうせ生えかわるものというのは間違いです。子供の正常な成長発育には
  • 欠かせないものです。治療と同時により予防もさらに大切です。小児歯科とはこうし
  • た子供の歯並び、虫歯予防・治療、そして歯の健康管理を行うところです。
 
  • 1.歯槽膿漏への適応
  •   歯茎に膿がたまって腫れや痛みがでているような時、レーザー治療を行うことにより歯茎の
  •   消毒、歯茎からの排膿を促し、症状を改善します。
  • 2.口内炎、口角炎の治療
  •   口の中や唇に白いものができ、触れると痛むようなとき痛みの軽減、治療の促進を促します。
  • 3.知覚過敏症
  •   歯茎が痩せるなどして、冷たいものが歯にしみるような知覚過敏症のようなときも歯の神経を
  •   沈静し効果的です。
  • 4.審美歯科への応用
  •   歯茎にメラニン色素が沈着し黒ずんでいるような場合、数回のレーザー治療によりピンクの
  •   歯茎を得ることができます。
  • 5.止血効果
  •   歯を抜いたり外科処置の後、血が止まりづらい場合の止血、及び局所の消毒を瞬時に行えます。
  • 6.生態作用の活性化
  •   レーザーは新陳代謝を活発にし、生態の早く直ろうとする力(自己修復能力)を強くする作用が
  •   あるため、治療の促進が期待できます。
  • 7.痛みの軽減
  •   急性炎症や、外科処置後の痛みに対し除痛作用を発揮し、これを軽減することができます。
  • 8.感染防止対策
  •   レーザー治療は歯や、歯茎に触れずに行う為、エイズや肝炎ウイルスの院内感染の心配は
  •   ありません。
  • 9.安全性
  •   レーザーには強い殺菌、消毒作用や、傷の治りを早くする作用があるので消炎剤や抗生物質の
  •   投与を少なくできます。そのため妊娠している方や、他科で薬の処方を受けている方でも安心して
  •   使用できます。
  • 10.これらの他に・・・
  •   その他、レーザーは腫瘍や小帯の切除などの外科処置や、入れ歯によるただれ及び
  •   類関節症の痛みを和らげる効果もあります。
 
  • 当院では往診に力を入れております。介護施設等の往診も行い地域活性化を心がけ
  • ております。往診地域はお電話にてご相談下さい。



往診車1


室内で治療が行えない場合は往診車1による
車内での治療が行えます。

往診車1内部

往診車2

診 察 時 間


診察時間:
午前・・・9:30〜13:30
午後・・・15:00〜19:30

休診日:
水・土曜日午後/日曜日/祝日

Topix




AEDについて詳しくは
NPO法人AED普及協会又は、NPO法人大阪ライフサポート協会
のホームページをご覧下さい。